新社長はバイト出身 “ブラック烙印”のワタミは生き残れるか

公開日: 更新日:

 ブラック企業は生まれ変われるのか。外食チェーンのワタミは22日、3月1日付で、清水邦晃常務(44)を社長に昇格させると発表した。現社長の桑原豊氏(56)は、代表権のない取締役となる。

 清水新社長は、明大政経学部に在学中、ワタミでアルバイトを始めた。創業者で明大OBでもあった渡辺美樹氏を慕って大学を中退し、1991年に入社。09年に取締役、12年に常務に就任している。

 ワタミは2期連続の赤字。バイトから社長になったと話題になっているが、ボロボロになっているワタミを再建できるのか。

「立て直すのは困難でしょう。ワタミに限らず既存の居酒屋チェーン店は、味もサービスも価格帯も中途半端なため、客が離れてしまった。280円均一の『鳥貴族』や24時間営業の『磯丸水産』など、特色を出している新興勢力に食われている。もはや、大規模チェーンのビジネスモデルは成り立ちません」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る