2000人集団訴訟 ベネッセが招いた「1兆6000億円」賠償

公開日: 更新日:

 ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件で、約1780人の被害者が29日、慰謝料の支払いを求める訴訟を起こす。慰謝料は1人当たり5万5000円で、計約9800万円にも上る。

 被害者の会の弁護団によると、「全国から被害を訴える声が多く寄せられている」といい、2月中にも300人以上の追加提訴を予定している。現在も被害者を募っていて、期限は1月末だという。ちなみに、既に500円の“お詫び”を受け取っていても、集団訴訟の原告に名を連ねることができる。

 ベネッセは、被害者にたった500円の図書カードや電子マネーを渡すことで一件落着にするつもりだったようだが、こうなると被害総額はどこまで膨らむか分からない。なにしろ、個人情報の流出件数は推計2895万件だから、単純計算すれば、実に1兆6000億円にもなる。補償金のために用意した200億円では、賄いきれるわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る