• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「安保法制は暴走」小林よしのり氏&田原総一朗氏が政権批判

投稿日:  更新日:

 26日に行われた映画「日本のいちばん長い日」のトークイベントに登場したジャーナリストの田原総一朗氏(81)と漫画家の小林よしのり氏(61)。

 太平洋戦争末期が舞台となる本作は、昭和天皇が自ら決断を下す「聖断」の内容やポツダム宣言受諾要求、広島・長崎の原爆投下などを経て、日本が降伏するまで、連合国軍や内閣が奔走した舞台裏が描かれている。

 作品を観賞した小林氏は「戦前は軍が、戦後はシビリアン(政府)が暴走している。安保法制(の強行採決)はシビリアンの暴走です。国民は分からないまま、権力が“頭が良い”と思って信用しちゃダメ。バカばっかりなんだから。将来を(戦前のように)天皇陛下に(物事を)決めてもらうような時代にしちゃダメなんです」と一刀両断。

 田原氏も「今、まさにそういう時代になりつつある。戦後は経済発展を重視した政策で、安全保障はアメリカに委ねちゃったから、外交主権もアメリカになっている。そのことに今になって気付いて焦っている」と呆れ果てていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る