安倍首相テレビ出演の舞台裏 フジ系地方局からも“怨嗟の声”

公開日:  更新日:

 支持率回復の狙いが外れ、パッとしなかった安倍首相のテレビ出演。20日のフジテレビは、午後4時50分から6時20分近くまでの90分という異例の長時間の上、視聴率(関東で5~6%台)が散々だったから、系列の地方局ではブーイングが上がっている。

「本来、午後5時20分くらいから午後6時は各地域のローカル枠なのです。ところが20日は『FNN特別枠』として、ローカル枠を吹っ飛ばして東京仕切りでやりますから、ということだった。台風や大事件などの緊急報道特番のような扱いです。安倍首相出演がそれに当たるんですかねえ。4月改編でフジが午後帯を大きくいじって以降、夕方ニュースはいつも最下位ですが、安倍首相出演でも最下位は脱せませんでした」(西日本の系列局関係者)

 安倍首相の出演そのものに批判的な声もある。

「地元で行われる安保法案の抗議デモが、最近のローカル局のトップニュースですよ。東京と地方はかなり温度差がある。そんな中で、支持率下落の安倍首相にベッタリの特別番組。ただでさえ視聴率が苦戦しているのに、いい加減にしてくれ、という感じです」(東北の系列局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る