• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍首相テレビ出演の舞台裏 フジ系地方局からも“怨嗟の声”

投稿日:  更新日:

 支持率回復の狙いが外れ、パッとしなかった安倍首相のテレビ出演。20日のフジテレビは、午後4時50分から6時20分近くまでの90分という異例の長時間の上、視聴率(関東で5~6%台)が散々だったから、系列の地方局ではブーイングが上がっている。

「本来、午後5時20分くらいから午後6時は各地域のローカル枠なのです。ところが20日は『FNN特別枠』として、ローカル枠を吹っ飛ばして東京仕切りでやりますから、ということだった。台風や大事件などの緊急報道特番のような扱いです。安倍首相出演がそれに当たるんですかねえ。4月改編でフジが午後帯を大きくいじって以降、夕方ニュースはいつも最下位ですが、安倍首相出演でも最下位は脱せませんでした」(西日本の系列局関係者)

 安倍首相の出演そのものに批判的な声もある。

「地元で行われる安保法案の抗議デモが、最近のローカル局のトップニュースですよ。東京と地方はかなり温度差がある。そんな中で、支持率下落の安倍首相にベッタリの特別番組。ただでさえ視聴率が苦戦しているのに、いい加減にしてくれ、という感じです」(東北の系列局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る