安保法案“批判”対策か 中国ガス田公表の怪しいタイミング

公開日:  更新日:

 中国が東シナ海で新たなガス田開発を進めているとして、22日、政府が2013年6月以降に確認した12基を含む16基の掘削関連施設の写真を公開した。しかし、このタイミングでの公表には、安倍首相らが繰り返す「安保環境の変化」をあおり、「安保法案」への批判をかわそうという魂胆も見える。

 この日の菅官房長官の会見。写真の公開は安保関連法案の必要性を訴えるためかと問われた菅の答えは、「もろもろ考えて判断した」だった。9月の安倍訪中や日中首脳会談が囁かれる中で、あえて中国を刺激する発表をしたのは、安倍官邸にとって“もろもろ”の理由があった。

「1つは来週から再開される参院での安保法案審議に向けたもの。『安全保障環境の変化』という法案の必要性を国民に強く印象づける必要があった。もう1つは、安倍首相応援団の右派向けのアピールです。新たなガス田を指摘したのは、ジャーナリストの桜井よしこ氏の産経新聞への寄稿記事。最近の中国との“融和ムード”を右派は苦々しく見ていたので、対中強硬姿勢を打ち出すことで、支持をつなぎ留める狙いです」(政府関係者)

 安倍官邸は支持率急落でアノ手コノ手だが、賢明な国民には見透かされているんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る