お家騒動ロッテHD 長男またも「損害賠償訴訟」で泥沼化加速

公開日:  更新日:

「何だか分からないよ!」。骨肉の兄弟バトルが続く「ロッテホールディングス(HD)」の重光宏之前副会長(61)が12日開いた会見は報道陣から怒声が飛び交う異様な展開となった。宏之氏がロッテHDの佃孝之社長やロッテグループ4社を相手に損害賠償請求を起こす――とあって「大塚家具に続くお家騒動」と多くのメディアが詰めかけたのだが、ノラリクラリと要領を得ない説明が続いたからだ。

 ロッテHDの経営権をめぐっては、創業者の父・重光武雄氏(93)と長男の宏之氏が次男の昭夫氏(60)と対立し、激しいバトルを繰り広げている。8月の臨時株主総会では、昭夫氏を中心とする現経営陣に安定的な経営体制の確立を求めることを決議。弟に軍配が上がっている。

 この日の会見で宏之氏は「(父・武雄氏に対し)佃氏が私に関する虚偽または著しく誇張された説明があった」と説明。ところが、肝心の訴訟の詳細がサッパリ明かされず、記者からは大ブーイング。「何のための会見なのか」といらだちの声が上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る