巨大企業「ロッテ」 骨肉バトルの出口ふさぐイビツな経営構造

公開日: 更新日:

 日本と韓国の総売上高は約6兆5000億円。日本海をまたぐ巨大企業グループ「ロッテ」のお家騒動がヒートアップしてきた。

「同じお家騒動でも、大塚家具の売上高=約520億円とは、文字通りケタ違いです。それでなくても、韓国では弁護士の力が強い。騒動に乗じてひと儲けしようという弁護士も絡んでくれば、ドロ沼化は避けられないでしょう」(韓国事情にも詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏)

 ざっとおさらいしておこう。

 ロッテは昨年まで、創業者の重光武雄氏(92)が会長を務めるロッテHD(本社・東京)を頂点に、長男で副会長の宏之氏(61)が日本グループを、次男で同じく副会長の昭夫氏(60)が韓国グループを率いてきた。

「ところが今年1月、長男・宏之氏が副会長を解任された。日本の売上高に対し、韓国は10倍以上と差は歴然です。武雄氏が次男・昭夫氏を後継者に据えたともっぱらでした」(ロッテ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る