ニッケル開発失敗で再燃 住友商事・中村社長に引責辞任説

公開日:  更新日:

 住友商事の中村邦晴社長(65)が辞任するのではないかとの観測が駆け巡る。

 中村氏を巡っては、昨年、米シェールガスオイルの開発失敗で2400億円の巨額損失を出し「引責辞任必至」といわれたが、ひとまず免れた経緯がある。ここにきて辞任説が再び囁かれるのは、アフリカのマダガスカルのニッケル開発・精錬事業が失敗に終わりそうだからだ。

 世界最大級のニッケル開発・精錬事業を華々しく打ち上げたのは2007年のこと。当初は10年後半に生産開始するとしていたが、ニッケルの国際価格が下がったうえ、現地の政権が交代したり、操業率が上がらずで延期が続いた。

 昨年、ようやく生産を開始したが、ニッケル価格の急激な下落と現地のストライキで黒字化のメドは立っていない。開発投資は積み上がり、その額は2000億円近くに膨れ上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る