原油高再燃!? 商社、製鉄、重機…いま仕込むべき「10銘柄」

公開日: 更新日:

 原油価格が再び上昇しつつある。ニューヨーク市場で7日、代表的な指標として知られるWTI先物が大幅に上昇。1バレル=53ドル台と約3カ月ぶりの高値をつけた。

 株式市場は敏感に反応した。

「一時、40ドルぐらいまで下落した原油価格は底を打った可能性が高い。地政学的リスクから再度、原油安に向かうかもしれませんが、今のうちに原油高で潤う銘柄を仕込んでおけば稼げるかもしれません」(市場関係者)

 日経平均は8日、前日比149円高の1万9789円で引けた。今月1日には一時、1万9000円を割り込んだが、ここへきて復調の気配を見せている。

「原油高に賭けるなら、上場投資信託(ETF)の『日経・TOCOM原油ダブル・ブル』(2038)が狙い目です。株価は原油価格の2倍の動きをします。原油が1バレル=107ドルだったときには1万4500円を付けていました。現在は、1バレル=50ドル前後で株価は4400円あたり。原油高に向かえば、株価は大きくハネます」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る