自社株買い過去最高 統計から株価まで日本はカサ上げ大国

公開日: 更新日:

 自社株買いが過去最高というのは、将来にビビり、儲かる事業のアイデアに乏しく、従業員にはケチで、株主ばかりにシッポを振る―――そんな“ショボい経営者”が急増しているということ。間違っても、褒められたニュースではないのだ。

 さらに、株価のカサ上げは、株価のあり方を歪める効果もある。

「会社の将来を見込んだ第三者が、その会社の株を買って、利益が上がれば還元してもらうのがあるべき姿です。自社株買いは認められた権利行使とはいえ、王道とはいえません。そうでなくても日本の株式市場は、GPIFや日銀が大量に買っていて、官製相場といわれている。その上、自社株買いが過去最高です。本来あるべき姿とは違う要因で株価が形成されていることは留意すべきです」(小林佳樹氏)

 安倍政権下での毎月勤労統計の賃金やGDPのカサ上げが濃厚になっている。株価も官製相場に加えて、過去最高の自社株買いでもカサ上げされているわけだ。

 どうやら、“カサ上げ大国”になってしまったようだ。何事も割り引いて見るクセをつけた方が身のためた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  7. 7

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

  8. 8

    34年ぶりリメーク「ヤヌスの鏡」は周到なダサさが成功の鍵

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る