統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

公開日: 更新日:

 日に日に“アベノミクス偽装”の状況証拠が積み上がっていく。

 21日は、毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替えを巡り、厚労省が有識者検討会の中間整理案の「現行の総入れ替えが適当」という文面を、2015年9月14日深夜に「引き続き検討する」と書き換えたことを認めた。その結果、同じ日に中江元哉・元首相秘書官(現財務省関税局長)が、厚労省の姉崎猛統計情報部長(当時)を官邸に呼び出し伝えた「問題意識」である「部分入れ替え」も選択肢に含まれたのだ。

 不正の全責任を押しつけられつつある中江氏は、野党側に当時の経緯を追及されても「記憶にない」で押し切るのみ。すっかり、アベノミクス偽装の“単独犯”を引き受けたような格好だ。

 官邸サイドも統計不正の幕引きに必死。「財務官僚の中江氏が悲願の消費増税の実現に向け、毎勤統計をカサ上げしたとのストーリーを作り、罪をなすりつけようとしている」(政界関係者)ともっぱらだ。役人に責任転嫁の毎度のパターンだが、はたして中江氏に単独犯が務まるのか。首相秘書官時代には数々の“ポンコツ伝説”を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  5. 5

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る