統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

公開日: 更新日:

 日に日に“アベノミクス偽装”の状況証拠が積み上がっていく。

 21日は、毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替えを巡り、厚労省が有識者検討会の中間整理案の「現行の総入れ替えが適当」という文面を、2015年9月14日深夜に「引き続き検討する」と書き換えたことを認めた。その結果、同じ日に中江元哉・元首相秘書官(現財務省関税局長)が、厚労省の姉崎猛統計情報部長(当時)を官邸に呼び出し伝えた「問題意識」である「部分入れ替え」も選択肢に含まれたのだ。

 不正の全責任を押しつけられつつある中江氏は、野党側に当時の経緯を追及されても「記憶にない」で押し切るのみ。すっかり、アベノミクス偽装の“単独犯”を引き受けたような格好だ。

 官邸サイドも統計不正の幕引きに必死。「財務官僚の中江氏が悲願の消費増税の実現に向け、毎勤統計をカサ上げしたとのストーリーを作り、罪をなすりつけようとしている」(政界関係者)ともっぱらだ。役人に責任転嫁の毎度のパターンだが、はたして中江氏に単独犯が務まるのか。首相秘書官時代には数々の“ポンコツ伝説”を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

もっと見る