• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

明徳義塾戦で6連打 嘉手納の“集中打”は甲子園だからこそ

「今までの自分たちなら大量点を奪われたところで諦めていた。追い上げる姿を見せられ、チームとしても成長できた」

 16日、明徳義塾(高知)に敗れた嘉手納(沖縄)の主将・大石が目を腫らしながらこう言った。

 初戦は春季関東大会を制した前橋育英(群馬)相手に、七回、5連打を含む打者12人の猛攻で8得点。この日も八回に6連打で4得点と見せ場をつくった。アルプススタンドは、泡盛片手に口笛を吹くなど大盛り上がりだった。

 大蔵監督に連打の秘訣を聞くと、「ゲームでは狙い球とボールの高低を中心に指示を出す程度にとどめ、細かいことは言わず、シンプルにやることを決めた上で送り出している」と、こう語る。

「沖縄の子は成長は早い一方、集中力が途切れやすい傾向がある。練習後に片付けをしていても、すぐに違うことをやり出すから、目が離せません。しかも、厳しく接し過ぎると逃げ出してしまいますしね。ふてくされて家に引きこもる子や、オートバイを乗り回す子がいたり(苦笑い)。沖縄だと家に逃げられますが、甲子園ではそうはいかない。それがかえって良かったのかもしれません」

 横浜(神奈川)で長年部長を務めた小倉清一郎氏が、臨時コーチとして練習や戦術面でサポート。3回戦敗退も、甲子園にクッキリと足跡を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る