明徳義塾戦で6連打 嘉手納の“集中打”は甲子園だからこそ

公開日:  更新日:

「今までの自分たちなら大量点を奪われたところで諦めていた。追い上げる姿を見せられ、チームとしても成長できた」

 16日、明徳義塾(高知)に敗れた嘉手納(沖縄)の主将・大石が目を腫らしながらこう言った。

 初戦は春季関東大会を制した前橋育英(群馬)相手に、七回、5連打を含む打者12人の猛攻で8得点。この日も八回に6連打で4得点と見せ場をつくった。アルプススタンドは、泡盛片手に口笛を吹くなど大盛り上がりだった。

 大蔵監督に連打の秘訣を聞くと、「ゲームでは狙い球とボールの高低を中心に指示を出す程度にとどめ、細かいことは言わず、シンプルにやることを決めた上で送り出している」と、こう語る。

「沖縄の子は成長は早い一方、集中力が途切れやすい傾向がある。練習後に片付けをしていても、すぐに違うことをやり出すから、目が離せません。しかも、厳しく接し過ぎると逃げ出してしまいますしね。ふてくされて家に引きこもる子や、オートバイを乗り回す子がいたり(苦笑い)。沖縄だと家に逃げられますが、甲子園ではそうはいかない。それがかえって良かったのかもしれません」

 横浜(神奈川)で長年部長を務めた小倉清一郎氏が、臨時コーチとして練習や戦術面でサポート。3回戦敗退も、甲子園にクッキリと足跡を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る