18人すべて県外出身 秀岳館・鍛治舎監督の“勝利への執念”

公開日:  更新日:

 16日に登場する秀岳館(熊本)は4強入りした今センバツに続いての出場だ。指揮を執る鍛治舎巧監督(65)は「枚方ボーイズ」(大阪)で何度も日本一を達成した実績の持ち主。ベンチ入りメンバーの大半はその枚方ボーイズ出身で、センバツに続いて今回もメンバー18人の中に熊本出身者はひとりもいない。選手集めの真意や全国制覇にかける思いなどを聞いた。

――センバツはベスト4で、今回は優勝への思いが強いのでは?

「4月の震災で同15日から学校は休校になり、大阪など地元に帰る子らがいる中で、5月中旬に練習を再開してからは夜10時まで全体練習、個別で夜12時までノックやティーをやった。もちろん、水曜日は休日にするなどメリハリはつけています。皆さんの支援に感謝の気持ちを持ちながら、練習日は(選手の)睡眠時間が3時間ほどの中で、夏の予選期間中に私が思い描いていた成長曲線に合ってきたと感じています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る