• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

県大会V6中 作新学院・小針監督に聞く「安定成績」の秘訣

 17日の3回戦に登場する作新学院(栃木)は6年連続出場。夏の県予選では36連勝中と圧倒的な強さを見せている。チームを率いる小針崇宏監督(33=保健体育科教諭)は試合ごとにスタメンや打順を目まぐるしく変えたり、積極的な継投策を用いたりして結果を出している。激戦区の関東で安定した成績を残すコツはあるか、あるとすれば何か聞いてみた。

――継投、代打など積極的に動いたりするのは、一戦必勝の高校野球でなかなか難しいと思います。

「普段の練習からレギュラー、準レギュラーという多少のレベル分けはしています。ただ、チーム全体の練習を全員でやる中で、誰を使っても力を発揮してくれるくらいまでやってくれているので、私自身も試合で使いやすいですね。ベンチスタートのメンバーにも、リリーフ、代打、代走、守備固めとしていつでもいける準備だけはしてもらっています。背番号の1ケタ、2ケタはありますけど、普段の練習での姿勢は見ています。誰がやっても勝てる、1人ではなく、全員で野球をやることが理想です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る