県大会V6中 作新学院・小針監督に聞く「安定成績」の秘訣

公開日:  更新日:

 17日の3回戦に登場する作新学院(栃木)は6年連続出場。夏の県予選では36連勝中と圧倒的な強さを見せている。チームを率いる小針崇宏監督(33=保健体育科教諭)は試合ごとにスタメンや打順を目まぐるしく変えたり、積極的な継投策を用いたりして結果を出している。激戦区の関東で安定した成績を残すコツはあるか、あるとすれば何か聞いてみた。

――継投、代打など積極的に動いたりするのは、一戦必勝の高校野球でなかなか難しいと思います。

「普段の練習からレギュラー、準レギュラーという多少のレベル分けはしています。ただ、チーム全体の練習を全員でやる中で、誰を使っても力を発揮してくれるくらいまでやってくれているので、私自身も試合で使いやすいですね。ベンチスタートのメンバーにも、リリーフ、代打、代走、守備固めとしていつでもいける準備だけはしてもらっています。背番号の1ケタ、2ケタはありますけど、普段の練習での姿勢は見ています。誰がやっても勝てる、1人ではなく、全員で野球をやることが理想です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る