日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実戦“清宮対策”の反響は? 八王子・安藤監督に聞いた

 11日登場の八王子(西東京)は春夏通じて甲子園初出場。西東京大会準々決勝では清宮幸太郎擁する早実を下し、甲子園切符をつかんだ。就任10年目の安藤徳明監督(55=体育科教諭)に甲子園に至るまでの苦労話や早実戦について聞いた。

――過去に苦しいときもあったのではないですか?

「ここまで長かったですね。夏の予選を3年連続で初戦敗退したときは苦しかった。春に関東大会に出場したにもかかわらず敗れた年もあり、『このままでは終われねえぞ』と自分で尻を叩いてやってきました」

――八王子市から甲子園に出た高校は皆無でした。
「『八王子から甲子園に出てほしい』という声は耳に入っていました。今年の予選、早実に勝ったあたりから地域の盛り上がりを肌で感じました。一般の人がウチの生徒に近寄ってきて『頑張ってな!』と声をかけてくれた。そんなことは今までありませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事