U18の2敗にショック…また揺れる金足農・吉田輝星の進路

公開日:

「吉田の意中の球団である巨人の動向は気になるが、やはり3人の恩師を前に『八戸学院大にお世話になります』と話した事実は重い。秋田では八戸学院大の正村監督も、吉田と会う予定。正村監督は青山や塩見(ともに楽天)をプロに輩出。投手育成には定評がある。監督自身、『これだけ大活躍したとはいえ、一時的に周囲が過熱しているだけ』と至って冷静に見ているし、吉田の周辺では『吉田は精神的にもまだまだ子供。プロに出せる状況ではない』と話す関係者や、素行不良を吹聴する者までいる。東北の保守的な気質もあり、既定路線の大学進学に収まる可能性はあります」

 吉田は9日に報道陣から進路に関して聞かれた際、「大学とか次の世界に進んだときは」と、「大学」という言葉を口にした。あくまで例え話としても、とっさに出た言葉だけに気になるところではある。プロも攻勢をかけ始めるだろうし、どんな決断を下すのか注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る