U18の2敗にショック…また揺れる金足農・吉田輝星の進路

公開日:

 その後、甲子園での大活躍によって、吉田を取り巻く環境は一変。プロ側からはスカウトだけでなく、元中日監督の落合博満氏ら大物OBからも「ドラフト1位の実力がある」と称賛の声が上がった。吉田は、心に秘めていたプロ志向に火がついたのか、「巨人が好き。行きたいです」と言って周囲を驚かせた。

■U18合宿では巨人のタオルを

 U18の合宿がスタートすると、自身の気持ちをアピールするかのように、練習で巨人のタオルを使用した。根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)らドラフト1位候補と親交を深め、吉田の周辺では、「これでますますプロ志向に拍車がかかる」と心配する声も出た。

 が、大会では韓国、台湾相手に2敗を喫した。吉田は「全くいい投球ができず、次のステージで取り返したい」と唇を噛んだ。少なからずショックを受けたはずで、この結果が「プロに行く前にまだまだやるべきことがある」と、大学進学を後押しする可能性は高い。地元マスコミ関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る