• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

「適応力、対応力が高いですね」

 U18日本代表の吉田輝星(金足農)について、プロ関係者はこう言う。

 先発した5日の韓国戦では、4番打者に甘く入った初球スライダーを完璧に捉えられ、左翼席に3ランを浴びた。

「簡単にストライクを取りにいってしまった」と本人が悔やんだように、たしかに不用意ではあったが、その後は内野安打1本に抑えた。

 特徴的だったのはツーシームを駆使していたことだ。U18で使用される国際球は日本のものより縫い目が高く、滑りやすいといわれる。吉田は「速球に限りなく近い球がなかった。国際試合だとそういうボールが効くのかなと思って使った」と、その意図を説明。

「最速150キロのストレートとスライダー、スプリットが武器だが、これに130キロ台のツーシームが加われば、投球の幅が広がる。もともと持っていたツーシームは深い握りだったが、国際球は左右に変化しやすく、浅く握ることでコントロールを重視し、バットの芯を外した。指先は器用だし、慣れない環境に適応しようという貪欲さ、頭の良さを感じます」(あるセ球団コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る