“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

公開日:

「適応力、対応力が高いですね」

 U18日本代表の吉田輝星(金足農)について、プロ関係者はこう言う。

 先発した5日の韓国戦では、4番打者に甘く入った初球スライダーを完璧に捉えられ、左翼席に3ランを浴びた。

「簡単にストライクを取りにいってしまった」と本人が悔やんだように、たしかに不用意ではあったが、その後は内野安打1本に抑えた。

 特徴的だったのはツーシームを駆使していたことだ。U18で使用される国際球は日本のものより縫い目が高く、滑りやすいといわれる。吉田は「速球に限りなく近い球がなかった。国際試合だとそういうボールが効くのかなと思って使った」と、その意図を説明。

「最速150キロのストレートとスライダー、スプリットが武器だが、これに130キロ台のツーシームが加われば、投球の幅が広がる。もともと持っていたツーシームは深い握りだったが、国際球は左右に変化しやすく、浅く握ることでコントロールを重視し、バットの芯を外した。指先は器用だし、慣れない環境に適応しようという貪欲さ、頭の良さを感じます」(あるセ球団コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る