“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

公開日: 更新日:

「適応力、対応力が高いですね」

 U18日本代表の吉田輝星(金足農)について、プロ関係者はこう言う。

 先発した5日の韓国戦では、4番打者に甘く入った初球スライダーを完璧に捉えられ、左翼席に3ランを浴びた。

「簡単にストライクを取りにいってしまった」と本人が悔やんだように、たしかに不用意ではあったが、その後は内野安打1本に抑えた。

 特徴的だったのはツーシームを駆使していたことだ。U18で使用される国際球は日本のものより縫い目が高く、滑りやすいといわれる。吉田は「速球に限りなく近い球がなかった。国際試合だとそういうボールが効くのかなと思って使った」と、その意図を説明。

「最速150キロのストレートとスライダー、スプリットが武器だが、これに130キロ台のツーシームが加われば、投球の幅が広がる。もともと持っていたツーシームは深い握りだったが、国際球は左右に変化しやすく、浅く握ることでコントロールを重視し、バットの芯を外した。指先は器用だし、慣れない環境に適応しようという貪欲さ、頭の良さを感じます」(あるセ球団コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  5. 5

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  8. 8

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    AAA活動休止発表で“シンボル”を失うエイベックスの痛手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る