“アマ枠”ならチャンスあり U18吉田輝星に東京五輪待望論

公開日:

「適応力、対応力が高いですね」

 U18日本代表の吉田輝星(金足農)について、プロ関係者はこう言う。

 先発した5日の韓国戦では、4番打者に甘く入った初球スライダーを完璧に捉えられ、左翼席に3ランを浴びた。

「簡単にストライクを取りにいってしまった」と本人が悔やんだように、たしかに不用意ではあったが、その後は内野安打1本に抑えた。

 特徴的だったのはツーシームを駆使していたことだ。U18で使用される国際球は日本のものより縫い目が高く、滑りやすいといわれる。吉田は「速球に限りなく近い球がなかった。国際試合だとそういうボールが効くのかなと思って使った」と、その意図を説明。

「最速150キロのストレートとスライダー、スプリットが武器だが、これに130キロ台のツーシームが加われば、投球の幅が広がる。もともと持っていたツーシームは深い握りだったが、国際球は左右に変化しやすく、浅く握ることでコントロールを重視し、バットの芯を外した。指先は器用だし、慣れない環境に適応しようという貪欲さ、頭の良さを感じます」(あるセ球団コーチ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る