輝星君はそれでも行きたい? 若手投手が育たぬ巨人の体質

公開日: 更新日:

 注目のあの右腕は、やはり投げなかった。U18アジア選手権(9月3~9日・宮崎)に出場する高校日本代表が28日、大学日本代表との壮行試合を行ったが、永田裕治監督(54=報徳学園前監督)は甲子園6試合で881球、秋田大会から通算1517球を投げ抜き、金足農を準優勝に導いた吉田輝星(3年)の疲労を取ることを優先し登板を回避させた。吉田は一塁ベースコーチを務めた。

 27日には都内近郊のグラウンドで行った立大と練習試合を行ったものの、やはり一塁ベースコーチを務めるにとどまっている。

 メディアによる「輝星フィーバー」はヒートアップする一方。先日は吉田本人が「巨人が好き。行きたいです」と発言し、球界に波紋が広がった。八戸学院大への進学説もあり、進路が決まったわけではないが、仮にプロ入りを選択したとして、巨人は甘くない。最近5年間のドラフトで入団した若手投手が、誰一人として定着していない現実があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る