輝星君はそれでも行きたい? 若手投手が育たぬ巨人の体質

公開日:

 注目のあの右腕は、やはり投げなかった。U18アジア選手権(9月3~9日・宮崎)に出場する高校日本代表が28日、大学日本代表との壮行試合を行ったが、永田裕治監督(54=報徳学園前監督)は甲子園6試合で881球、秋田大会から通算1517球を投げ抜き、金足農を準優勝に導いた吉田輝星(3年)の疲労を取ることを優先し登板を回避させた。吉田は一塁ベースコーチを務めた。

 27日には都内近郊のグラウンドで行った立大と練習試合を行ったものの、やはり一塁ベースコーチを務めるにとどまっている。

 メディアによる「輝星フィーバー」はヒートアップする一方。先日は吉田本人が「巨人が好き。行きたいです」と発言し、球界に波紋が広がった。八戸学院大への進学説もあり、進路が決まったわけではないが、仮にプロ入りを選択したとして、巨人は甘くない。最近5年間のドラフトで入団した若手投手が、誰一人として定着していない現実があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る