• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

輝星君はそれでも行きたい? 若手投手が育たぬ巨人の体質

投稿日:

 注目のあの右腕は、やはり投げなかった。U18アジア選手権(9月3~9日・宮崎)に出場する高校日本代表が28日、大学日本代表との壮行試合を行ったが、永田裕治監督(54=報徳学園前監督)は甲子園6試合で881球、秋田大会から通算1517球を投げ抜き、金足農を準優勝に導いた吉田輝星(3年)の疲労を取ることを優先し登板を回避させた。吉田は一塁ベースコーチを務めた。

 27日には都内近郊のグラウンドで行った立大と練習試合を行ったものの、やはり一塁ベースコーチを務めるにとどまっている。

 メディアによる「輝星フィーバー」はヒートアップする一方。先日は吉田本人が「巨人が好き。行きたいです」と発言し、球界に波紋が広がった。八戸学院大への進学説もあり、進路が決まったわけではないが、仮にプロ入りを選択したとして、巨人は甘くない。最近5年間のドラフトで入団した若手投手が、誰一人として定着していない現実があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る