周囲ヤキモキ…フィギュア紀平梨花“超完璧主義者”の探究心

公開日: 更新日:

「今まで苦労していろんな人に迷惑をかけてきたり、もう私、後戻りできないって思っているので、オリンピックでちゃんと優勝っていう夢を絶対にかなえないといけない」

 笑顔でそう言った後、少しうつむいた姿は悲壮な覚悟に満ちていた。

 フィギュアはトップ選手になるまでの道のりが険しい。衣装代、コーチや振付師への指導料、遠征費など高額な費用がかかるほか、自宅からリンクまでの送迎や食事管理など、親や周囲の協力も不可欠。紀平家も自宅だった一軒家を売却して練習拠点のリンクから近い場所へ引っ越し、母親はできるだけ娘に帯同できるよう仕事を辞めた。紀平の中で、五輪での金メダルはすでに「夢」から「使命」に変わっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る