紀平梨花は早くもマスコミ不信に…今後の課題は「鈍感力」

公開日: 更新日:

 2018年後半、女子フィギュア界に旋風を巻き起こした紀平梨花(16)。

 グランプリ(GP)ファイナルで平昌金メダリストのザギトワ(ロシア)を破って優勝し、時の人となった。

 トリプルアクセル(3A)を武器にする姿が浅田真央を彷彿させ、マスコミは「ポスト真央」と大騒ぎ。

 全日本選手権ではショートプログラム(SP)でのミスが響いて2位になったものの、4大陸、世界フィギュア共に出場権を獲得し、今後もますます注目を集めそうだ。

 とはいえ、多感な16歳。一気に有名人という立場に置かれることに戸惑いも隠せない。自身について書かれた記事を見て「自分が言っていないことを(言ったかのように)書かれた」と漏らしたこともあったという。

「紀平は完璧主義。『中学生のときに比べれば柔軟になった』と聞くが、疑問に思うことや納得のいかないことを見過ごせない真っすぐな性格。そのこだわりと探究心があれだけの結果を出した理由でもある。でも今後は注目度と比例して“雑音”も増えるでしょう。それをうまく受け流すことができるのか、紀平の周囲は不安が募っているようです」(フィギュアスケート関係者)

 フィギュア界の期待を一身に背負う新星の課題は「鈍感力」になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る