真央方式を取り入れ ザギトワ世界選手権“打倒紀平”の秘策

公開日: 更新日:

 ロシアの女王は完全復活とならなかった。

 フィギュアスケートの欧州選手権(ベラルーシ・ミンスク)は25日(日本時間26日)、女子フリースケーティング(FS)を行い、ショートプログラム(SP)でトップのアリーナ・ザギトワ(16)は123.34点で4位。SPと合わせて198.34点で2位に終わった。連覇を逃したものの、3月に行われる世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)の代表入りが内定した。

 金メダルを獲得した平昌では華麗な演技で世界中を魅了したザギトワ。10代半ばにして一躍、トップスケーターに躍り出たが、昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルでは紀平梨花(16)の後塵を拝し(2位)、続くロシア選手権では5位と惨敗した。

 GPファイナル後は、連続ジャンプなど大技の精度を高めるより、基本的なスケーティングの見直しに着手。ザギトワはロシアメディアの取材に「今は完璧に滑ることが目標」と、まずは足元から固めていると明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る