痛恨のジャンプ失敗 紀平梨花「四大陸選手権」SP出遅れ5位

公開日: 更新日:

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権(米カリフォルニア州アナハイム)が7日(日本時間8日)に開幕。女子ショートプログラム(SP)で、昨年12月のGPファイナルを制した紀平梨花(16)は68.85点と平凡な得点に終わり、5位と出遅れた。

 5日の公式練習で転倒し、左手薬指亜脱臼を押して出場したGPファイナル女王。冒頭のトリプルアクセルで勢いが足りずに失敗。その後、着氷などに乱れはなく、安定した演技を披露したが、序盤のミスが大きく響いた。大会初日を前に紀平は「この状態で何とか(ジャンプ時に体を)締めてやろうかなと思います」と話していたが、想定外の負傷は演技に影響したか。

 他の日本勢は坂本花織(18)が今季自己最高の73.36点をマークして2位の好発進。三原舞依(19)は65.15点で8位だった。ブレイディ・テネル(21=米国)が73.91点でSPトップに立った。

 フリースケーティングは8日(同9日)に行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る