紀平梨花が左手薬指を負傷…“本番”世界選手権への影響は?

公開日: 更新日:

 GPファイナル女王にアクシデントである。

 欧州以外の国・地域で争われるフィギュアスケートの四大陸選手権(米カリフォルニア州アナハイム)が7日(日本時間8日)に開幕する。5日の公式練習で、今季好調の紀平梨花(16)はトリプルアクセルを決めるなど、順調な仕上がりぶりを披露したが、終盤に3回転ルッツで転倒。リンクにできたくぼみに左手薬指を挟んで痛めた。

 紀平は「突き指だと思うけど、結構やばい。(痛みが)引いてくれたらいいけど」と、7日のショートプログラムに向けて不安を口にした。

 突き指とはいえ、指先の伸びまで採点対象とされるだけに、本番での演技に影響しかねない。

 四大陸選手権は国際スケート連盟による世界ランキング算出の対象大会とはいえ、紀平の狙いは3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)だ。四大陸選手権にはロシア勢を中心とする欧州の選手は出場しない。坂本花織(18)、三原舞依(19)ら同じ日本勢の他にライバルとなりそうなのはGPシリーズ・フランス杯3位のブレイディ・テネル(21=米国)ぐらいのもの。

 今大会で無理すれば、演技のリズムやバランスを崩すかもしれない。紀平サイドの狙いはあくまでも、今大会を、ロシア勢との熾烈な争いを強いられる世界選手権に向けたステップとして位置づけているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る