貴理子救った夫の機転 キーワードは「いつもの私じゃない」

公開日:  更新日:

「立って歩いていたけど、ヨロヨロしていた。舌が回っていなくて、目の焦点が合ってなかった。最初、二日酔いだと思ったんですが……」

 タレントの磯野貴理子(50)が先月、脳梗塞を発症した時の様子を、24歳年下の夫が2日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で語った。

 夫によれば、貴理子は普段さっさと歩くタイプ。それが、家の中でつまずいたり、フラついたりしていた。「大丈夫?」と聞くと、「体がフラフラして、いつもの私じゃないみたい」と訴えたので、タクシーを使わず救急車を呼んだという。とっさの状況での夫の判断を聞いたベテランの脳神経内科医が言う。

「“つまずく”“フラつく”というのは、脳梗塞の前兆としてよく見られる症状です。思うように手足を動かせないことを“だるい”と表現する人もいます。“ろれつが回らない”“言葉が出てこない”“他人が話す内容を理解できない”“手足に力が入らない”“しびれる”といった症状も典型的な前兆。磯野さんのケースでは、“いつもの私じゃない”という訴えを夫が聞き逃さなかったことが良かったと言っていい。命にかかわったり後遺症が出るリスクを考えても、脳梗塞の治療は早い方がいいのです」

 脳梗塞部分の範囲は小さくはなかったが、回復は非常に順調だそうだ。夫の愛情が、貴理子を救ったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る