芸能界はシビア…磯野貴理子の脳梗塞入院で「泣く人」「笑う人」

公開日:  更新日:

 28日、所属事務所からのFAXで磯野貴理子(50)の脳梗塞による緊急入院が明らかになった。

「幸いにして、命に別条はなく、現在、経過を見守っている」(事務所)というので、後遺症がなければそのうち画面に元気な姿で復帰するだろうが、脳梗塞は再発の危険性も高い。これまでのようにフルパワーで働けないのは悔しい限りだろう。

 芸能界は貴理子へのお見舞いの言葉があふれているが、そこは「生き馬の目を抜く」世界でもある。貴理子の入院で「泣く人」と「笑う人」が瞬時に交錯した。

「泣く人」の筆頭はもちろん所属事務所「石井光三オフィス」だ。最近の貴理子の稼ぎは不明だが、長者番付が最後に発表になった04年は年収9075万円と、1億円弱。仕事量はほとんど変わっていないだけに、現在も所属事務所の稼ぎ頭であることは間違いない。事務所にはラサール石井や内山(信二)くんも在籍しているが、貴理子の穴を埋めるのは容易ではないだけに、社長は頭が痛いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る