芸能界はシビア…磯野貴理子の脳梗塞入院で「泣く人」「笑う人」

公開日:  更新日:

 28日、所属事務所からのFAXで磯野貴理子(50)の脳梗塞による緊急入院が明らかになった。

「幸いにして、命に別条はなく、現在、経過を見守っている」(事務所)というので、後遺症がなければそのうち画面に元気な姿で復帰するだろうが、脳梗塞は再発の危険性も高い。これまでのようにフルパワーで働けないのは悔しい限りだろう。

 芸能界は貴理子へのお見舞いの言葉があふれているが、そこは「生き馬の目を抜く」世界でもある。貴理子の入院で「泣く人」と「笑う人」が瞬時に交錯した。

「泣く人」の筆頭はもちろん所属事務所「石井光三オフィス」だ。最近の貴理子の稼ぎは不明だが、長者番付が最後に発表になった04年は年収9075万円と、1億円弱。仕事量はほとんど変わっていないだけに、現在も所属事務所の稼ぎ頭であることは間違いない。事務所にはラサール石井や内山(信二)くんも在籍しているが、貴理子の穴を埋めるのは容易ではないだけに、社長は頭が痛いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る