• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カトパン退席で長谷川豊氏「フジは雑巾絞るように一人を使う」

【日刊ゲンダイ連載】 「長谷川豊 言い切り!」<8>

 27日、「めざましテレビ」(フジテレビ系)を担当している加藤綾子アナが生放送中に倒れるという事態が起きました。

 まず、先輩として苦言を呈しますが、プロとして2点失格です。まず体調管理が行き届いていなかったこと。多くの方を心配させる可能性がある以上、自らの体調は丁寧すぎるほどに徹底管理すべきです。

 そして、加藤の最大の失敗は「途中まで参加した」こと。これは最悪です。聞くところによると前日から風邪をこじらせていたとのこと。その段階で、頭を下げ、翌日は休むべきです。タレントではなく会社員なのだから。これにより、横にいる三宅アナにも多数のアナウンサーにも風邪をうつす可能性があったでしょう。

 しかも、途中で倒れてしまった場合、急な対応を全スタッフが取らなければいけなくなります。加藤は今回、プロとして間違った対応をしたといえるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る