カトパン退席で長谷川豊氏「フジは雑巾絞るように一人を使う」

公開日: 更新日:

【日刊ゲンダイ連載】 「長谷川豊 言い切り!」<8>

 27日、「めざましテレビ」(フジテレビ系)を担当している加藤綾子アナが生放送中に倒れるという事態が起きました。

 まず、先輩として苦言を呈しますが、プロとして2点失格です。まず体調管理が行き届いていなかったこと。多くの方を心配させる可能性がある以上、自らの体調は丁寧すぎるほどに徹底管理すべきです。

 そして、加藤の最大の失敗は「途中まで参加した」こと。これは最悪です。聞くところによると前日から風邪をこじらせていたとのこと。その段階で、頭を下げ、翌日は休むべきです。タレントではなく会社員なのだから。これにより、横にいる三宅アナにも多数のアナウンサーにも風邪をうつす可能性があったでしょう。

 しかも、途中で倒れてしまった場合、急な対応を全スタッフが取らなければいけなくなります。加藤は今回、プロとして間違った対応をしたといえるでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  4. 4

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  9. 9

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  10. 10

    敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る