日テレが草刈り場?テレビ界に広がる仁義なき引き抜き合戦

公開日: 更新日:

「仁義なき戦い」は映画の世界だけではなさそうだ。テレビ界で視聴率獲得のために、“仁義なき引き抜き”が起きて騒然としているという。

 標的にされているのは日本テレビで、中でも子会社で、制作会社大手のAXON。現在、日テレは視聴率年間3冠王をほぼ手中にして絶好調。週間視聴率ランキングの上位には長寿番組「笑点」をはじめ、「世界の果てまでイッテQ!」などヒットバラエティーがズラッと並ぶが、それらの番組を支えているのがAXONなのだ。

「引き抜かれたのはスポーツ担当の30代後半のディレクターで、引き抜いたのはテレビ朝日。この年代のAXONの社員の年収は1000万円前後でしょうが、テレ朝が提示したのは3000万円といわれています。いくら日テレが好調とはいっても、この金額は魅力的です。この社員は年明けにはテレ朝に入社するのではないかとみられています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る