日テレが草刈り場?テレビ界に広がる仁義なき引き抜き合戦

公開日:  更新日:

「仁義なき戦い」は映画の世界だけではなさそうだ。テレビ界で視聴率獲得のために、“仁義なき引き抜き”が起きて騒然としているという。

 標的にされているのは日本テレビで、中でも子会社で、制作会社大手のAXON。現在、日テレは視聴率年間3冠王をほぼ手中にして絶好調。週間視聴率ランキングの上位には長寿番組「笑点」をはじめ、「世界の果てまでイッテQ!」などヒットバラエティーがズラッと並ぶが、それらの番組を支えているのがAXONなのだ。

「引き抜かれたのはスポーツ担当の30代後半のディレクターで、引き抜いたのはテレビ朝日。この年代のAXONの社員の年収は1000万円前後でしょうが、テレ朝が提示したのは3000万円といわれています。いくら日テレが好調とはいっても、この金額は魅力的です。この社員は年明けにはテレ朝に入社するのではないかとみられています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る