日テレが草刈り場?テレビ界に広がる仁義なき引き抜き合戦

公開日:  更新日:

「仁義なき戦い」は映画の世界だけではなさそうだ。テレビ界で視聴率獲得のために、“仁義なき引き抜き”が起きて騒然としているという。

 標的にされているのは日本テレビで、中でも子会社で、制作会社大手のAXON。現在、日テレは視聴率年間3冠王をほぼ手中にして絶好調。週間視聴率ランキングの上位には長寿番組「笑点」をはじめ、「世界の果てまでイッテQ!」などヒットバラエティーがズラッと並ぶが、それらの番組を支えているのがAXONなのだ。

「引き抜かれたのはスポーツ担当の30代後半のディレクターで、引き抜いたのはテレビ朝日。この年代のAXONの社員の年収は1000万円前後でしょうが、テレ朝が提示したのは3000万円といわれています。いくら日テレが好調とはいっても、この金額は魅力的です。この社員は年明けにはテレ朝に入社するのではないかとみられています」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る