日テレ内定取り消し裁判の余波…キー局女子アナ採用廃止論

公開日:  更新日:

 近い将来、民放のテレビ局から女性アナウンサーが姿を消してしまう……そんな危機が訪れようとしている。

 テレビ界に大改革をもたらすと囁かれているのが、日テレの女子アナ内定取り消し事件。裁判の判決いかんでは今後の女子アナ採用に大きな変化をもたらすばかりか、女子アナの採用そのものを見直すというのだ。

「今回の日テレの裁判には全局が関心を寄せている。これまでは人事担当の局員が3次面接以降に進んだ志望学生と信頼関係を築きながらこの種のバイトの有無を、まさにあうんの呼吸で確認していたんです。だが今回の裁判を受けて人事担当者は面談で水商売の有無を事務的に確認せざるをえなくなった。このようにシステマチック化されると学生は百パーセント、嘘をつくんです。だから信頼関係を築いて確認する方が本音を言い合い、お互いに助かった。特に女子アナをブランド化してきたフジは深刻な問題ですよ」(キー局人事部関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る