日テレ内定取り消し裁判の余波…キー局女子アナ採用廃止論

公開日:  更新日:

 近い将来、民放のテレビ局から女性アナウンサーが姿を消してしまう……そんな危機が訪れようとしている。

 テレビ界に大改革をもたらすと囁かれているのが、日テレの女子アナ内定取り消し事件。裁判の判決いかんでは今後の女子アナ採用に大きな変化をもたらすばかりか、女子アナの採用そのものを見直すというのだ。

「今回の日テレの裁判には全局が関心を寄せている。これまでは人事担当の局員が3次面接以降に進んだ志望学生と信頼関係を築きながらこの種のバイトの有無を、まさにあうんの呼吸で確認していたんです。だが今回の裁判を受けて人事担当者は面談で水商売の有無を事務的に確認せざるをえなくなった。このようにシステマチック化されると学生は百パーセント、嘘をつくんです。だから信頼関係を築いて確認する方が本音を言い合い、お互いに助かった。特に女子アナをブランド化してきたフジは深刻な問題ですよ」(キー局人事部関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る