「ダメよ~ダメダメ!」大人気 ブレークの秘訣はテレビ戦略

公開日: 更新日:

 白塗りに真っ青なアイシャドー。口角がキュッと上がった深紅のルージュ。このメークで「だめよ~、ダメ、ダメ」と色っぽい声を繰り返す朱美ちゃんと、細貝じいさんのコントが話題の日本エレキテル連合に大ブレークの可能性が出てきた。

 所属事務所は爆笑問題のタイタン。太田光夫人で事務所の社長の太田光代が猛烈にテレビ局に売り込んでいるのだ。

「秋以降、日本エレキテル連合の2人を見る機会が一気に増えそう。2人は『だめよ~、ダメ、ダメ』で流行語大賞を狙うと宣言しています」(マスコミ関係者)

 コンビ結成は08年。朱美は橋本小雪(29)、細貝は中野聡子(30)。以前はプチプチで包装されて横たわる朱美ちゃんにポンプで空気を注入。公共の放送にそぐわないとしてバラエティーから敬遠されていた。

 それを“おしゃべりワイフ”から人造人間“アンドロイド”の朱美ちゃんにキャラを変更し、コントの内容もテレビ仕様に変えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る