“シェフ”剛力彩芽が手料理披露 ドラマ通じて花嫁修業か?

公開日: 更新日:

 19日、金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)の制作発表会見に主演の剛力彩芽(23)が登場。

 シェフ役に挑戦した剛力はキャストや報道陣の前で料理の腕前を生披露すると、サラダ、スープ、チキングリルの3品を10分弱で手際よく完成させた。手料理を味わった総理大臣役の小日向文世(62)は「愛情がこもっている。剛力さんの未来の旦那さんより前に手料理をゲットしました」とご満悦だった。

 まだ神奈川県内の実家で暮らしている剛力。日々、母親の手料理を食べているそうで、「私はまだ実家で暮らしているので、撮影で遅くに帰ってきたりすると、母が軽いスープとか、夜に食べても大丈夫な野菜を使ったヘルシーなものを作ってくれる。私もそういうふうに、相手のことを思って料理が作れるようになりたいなと思っています」。

 ドラマが終わる頃には、未来の夫にふるまう手料理の腕もプロ並みに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る