• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ話題も数字は…剛力彩芽は“初舞台”で成長できるか

 8日、「第6回『忘れられない看護エピソード』表彰式」に登場した剛力彩芽(23)。現在、ドラマ「ドクターカー」(日本テレビ系)に出演中で、「去年の4月から26歳の姉が看護師になったので、医療の話は全部姉に聞いています。聞いたら一生懸命調べて答えてくれます」と語った。

 しかしこのドラマ、剛力が初の母親役にしてシングルマザーという設定が話題となったが、数字は今ひとつ。深夜枠とはいえ、初回の平均視聴率は4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)で、熊本地震関連の報道で1週延期となった第2話は3.2%。その後も3%台から這い上がれずにいる。

 今クールは福山雅治や芦田愛菜など人気俳優や女優が主演の連続ドラマが次々と低視聴率を叩き出しているため、剛力ドラマは陰に隠れているが、いったい何が原因なのか。

「シングルマザーという役があまりにも本人のイメージとかけ離れすぎて彼女のキャパを超えてしまっている。奇をてらうよりストーリー展開がしっかりした作品に出続けた方がいいのではないかと思います。しかも、今作のような医療ドラマはシリアスに見たい視聴者が多く、若手の女優がやると厚みが足りないと不満に感じる人も少なくないのです」(芸能リポーターの川内天子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る