ドラマ話題も数字は…剛力彩芽は“初舞台”で成長できるか

公開日:  更新日:

 8日、「第6回『忘れられない看護エピソード』表彰式」に登場した剛力彩芽(23)。現在、ドラマ「ドクターカー」(日本テレビ系)に出演中で、「去年の4月から26歳の姉が看護師になったので、医療の話は全部姉に聞いています。聞いたら一生懸命調べて答えてくれます」と語った。

 しかしこのドラマ、剛力が初の母親役にしてシングルマザーという設定が話題となったが、数字は今ひとつ。深夜枠とはいえ、初回の平均視聴率は4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)で、熊本地震関連の報道で1週延期となった第2話は3.2%。その後も3%台から這い上がれずにいる。

 今クールは福山雅治や芦田愛菜など人気俳優や女優が主演の連続ドラマが次々と低視聴率を叩き出しているため、剛力ドラマは陰に隠れているが、いったい何が原因なのか。

「シングルマザーという役があまりにも本人のイメージとかけ離れすぎて彼女のキャパを超えてしまっている。奇をてらうよりストーリー展開がしっかりした作品に出続けた方がいいのではないかと思います。しかも、今作のような医療ドラマはシリアスに見たい視聴者が多く、若手の女優がやると厚みが足りないと不満に感じる人も少なくないのです」(芸能リポーターの川内天子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る