自分を殺し耐える女形で存在感 中村雀右衛門は“陰の主役”

公開日:

 6月の歌舞伎座は、大看板として幸四郎、吉右衛門、仁左衛門が揃ったが、共演はひとつもない。みな自分が得意な役、やりたい役をやっているので、ひとつの興行としてのまとまりもない。別々の劇場をハシゴして見ているようであった。

 このバラバラな大幹部たちを結果的に束ねたのが雀右衛門(写真)だ。吉右衛門の「弁慶上使」でおわさ、幸四郎の「鎌倉三代記」で時姫、仁左衛門の「御所五郎蔵」で皐月と、3役をつとめ、今月の陰の主役といっていい。

 雀右衛門は、襲名して1年が過ぎたが、大役が続いている。歌舞伎に出てくる女性は自分を殺して耐えることが多く、雀右衛門はそういう役が合う。そして、うまい。だから、うまければうまいほど地味な印象になり、損な役回りだった。性格的にも前に出ていくタイプではなく、目立たない。だが、これだけ大役が続くと、地味だけど、存在感はある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る