弾丸カンヌの疲れ見せず 寺島しのぶに“歌舞伎ママ”の貫禄

公開日:

 長男・寺嶋眞秀(4)の初お目見えが行われている東京・歌舞伎座。千秋楽まで残り1日となった25日、母の寺島しのぶ(44)は鮮やかな若草色の着物姿で存在感を放っていた。

 主演映画「Oh Lucy!」(平柳敦子監督、年内公開予定)が日本映画として10年ぶりに仏カンヌ国際映画祭批評家週間部門に出品される快挙を成し遂げたばかり。しかも、超多忙のなか、前々日までその主演作を引っ提げ、1泊3日の弾丸ツアーで現地入りし、舞台挨拶やメディアの取材に臨んでいた。その後、乗り継ぎしながら14時間超に及ぶフライトで帰国の途に就いたが、疲れはみじんも感じさせなかったようで――。

「しのぶさんは『それはもう大変だったんだけど、行かせてもらえてよかったわ~』と充実感に満ち満ちた様子でおしゃべりに花を咲かせていました」(居合わせた観客のひとり)

 舞台終了後には、富司純子(71)とともにロビーに立ち、贔屓筋への挨拶をこなしていた寺島。ステージママならぬ“歌舞伎ママ”は強しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る