弾丸カンヌの疲れ見せず 寺島しのぶに“歌舞伎ママ”の貫禄

公開日: 更新日:

 長男・寺嶋眞秀(4)の初お目見えが行われている東京・歌舞伎座。千秋楽まで残り1日となった25日、母の寺島しのぶ(44)は鮮やかな若草色の着物姿で存在感を放っていた。

 主演映画「Oh Lucy!」(平柳敦子監督、年内公開予定)が日本映画として10年ぶりに仏カンヌ国際映画祭批評家週間部門に出品される快挙を成し遂げたばかり。しかも、超多忙のなか、前々日までその主演作を引っ提げ、1泊3日の弾丸ツアーで現地入りし、舞台挨拶やメディアの取材に臨んでいた。その後、乗り継ぎしながら14時間超に及ぶフライトで帰国の途に就いたが、疲れはみじんも感じさせなかったようで――。

「しのぶさんは『それはもう大変だったんだけど、行かせてもらえてよかったわ~』と充実感に満ち満ちた様子でおしゃべりに花を咲かせていました」(居合わせた観客のひとり)

 舞台終了後には、富司純子(71)とともにロビーに立ち、贔屓筋への挨拶をこなしていた寺島。ステージママならぬ“歌舞伎ママ”は強しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天