小林麻央さんは「愛してる」 遺族が語る臨終の言葉の真実

公開日:

「愛してる……」

 惜しまれながら34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。臨終に際し、最愛の夫である市川海老蔵(39)にこう告げて息を引き取ったという。

 会見した海老蔵は、「〈愛してる〉、そのひと言を言って、そのまま旅立ちました」と話し、報道陣からもすすり泣きが漏れていたほど。いずれにせよ、夫婦の強い絆を物語っている。

 臨終の際の最期の言葉については、さまざまな名言が伝えられる。18世紀のフランスの哲学者ルソーは最期をみとった家政婦に対し、「気を落とさないでくれ。見なさい、何と空が澄んでいるのだろう。私はあそこへ行くのだ」と伝えて息絶えたとされる。

 ただ、この発言については懐疑的な声があるのも事実。彼は最晩年、貧困にあえぎ、精神を病んでいたともいわれる。

 しかし、後のフランス革命で彼の思想が精神的な支柱となったため、後世になって臨終の言葉まで美化されたというのが一般的なようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る