小林麻央さんは「愛してる」 遺族が語る臨終の言葉の真実

公開日:

「愛してる……」

 惜しまれながら34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。臨終に際し、最愛の夫である市川海老蔵(39)にこう告げて息を引き取ったという。

 会見した海老蔵は、「〈愛してる〉、そのひと言を言って、そのまま旅立ちました」と話し、報道陣からもすすり泣きが漏れていたほど。いずれにせよ、夫婦の強い絆を物語っている。

 臨終の際の最期の言葉については、さまざまな名言が伝えられる。18世紀のフランスの哲学者ルソーは最期をみとった家政婦に対し、「気を落とさないでくれ。見なさい、何と空が澄んでいるのだろう。私はあそこへ行くのだ」と伝えて息絶えたとされる。

 ただ、この発言については懐疑的な声があるのも事実。彼は最晩年、貧困にあえぎ、精神を病んでいたともいわれる。

 しかし、後のフランス革命で彼の思想が精神的な支柱となったため、後世になって臨終の言葉まで美化されたというのが一般的なようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る