小林麻央さんは「愛してる」 遺族が語る臨終の言葉の真実

公開日: 更新日:

「愛してる……」

 惜しまれながら34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。臨終に際し、最愛の夫である市川海老蔵(39)にこう告げて息を引き取ったという。

 会見した海老蔵は、「〈愛してる〉、そのひと言を言って、そのまま旅立ちました」と話し、報道陣からもすすり泣きが漏れていたほど。いずれにせよ、夫婦の強い絆を物語っている。

 臨終の際の最期の言葉については、さまざまな名言が伝えられる。18世紀のフランスの哲学者ルソーは最期をみとった家政婦に対し、「気を落とさないでくれ。見なさい、何と空が澄んでいるのだろう。私はあそこへ行くのだ」と伝えて息絶えたとされる。

 ただ、この発言については懐疑的な声があるのも事実。彼は最晩年、貧困にあえぎ、精神を病んでいたともいわれる。

 しかし、後のフランス革命で彼の思想が精神的な支柱となったため、後世になって臨終の言葉まで美化されたというのが一般的なようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る