海老蔵を変えた小林麻央さん 先立つ妻が叶えた最後の願い

公開日:

「愛してる」の言葉を残し、34歳の若さで逝った元フリーアナウンサーの小林麻央さん。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が23日に緊急会見し、最期の様子を明かした。涙ながらに長女・麗禾ちゃん(5)や長男・勸玄くん(4)らの様子を語る姿に、もらい泣きする記者もいた。

 2016年6月に海老蔵が麻央さんの乳がんを公表して以降、その闘病の様子は、海老蔵や麻央さんのブログによって明らかにされてきた。家族を思い、懸命に頑張る姿を目の当たりにしてきただけに、ショックを受けた人も多かったはずだ。

「がんと闘ったスターたち」の著書がある芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「どんなにスターで高潔な人であっても、末期がんと分かれば、恐怖と絶望で落ち込み、ふさぎ込んだまま亡くなっていく人が多い。しかも、自らの病を公にするということは、すべてのプライバシーをさらけ出すということ。相当な覚悟と勇気がなければできません。俳優の石原裕次郎さんが闘病していた時は、所属事務所の石原プロが全面的にサポートし、病気の経過を会見で発表していった。麻央さんのように著名人がブログで闘病を発信するのは時代の流れがあると思います。同じがん患者に勇気を与えたという見方もありますが、麻央さんのブログは、海老蔵や子供ら家族にあてた“遺書”だったのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る