背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

公開日: 更新日:

「1月公開の映画『マスカレード・ホテル』は、公開7日間で100万人を突破し、配給元は興収50億円を見込んでいます。主演の木村拓哉としては、久々のヒットと言っていいのではないでしょうか」(シネマ誌デスク)

 大成功の陰には涙ぐましい努力もあった。

「プロモーションのため、木村はとにかくテレビに出まくりました。製作に加わったフジテレビ系の情報番組はもちろんのこと、嵐やTOKIOの番組にまで顔を出した。共演した長澤まさみの事務所も、木村が積極的にプロモーションに協力してくれるので驚いたそうですよ。SMAP解散後、木村だけが悪者扱いされた影響か、17年公開の『無限の住人』はイマイチ。昨年の『検察側の罪人』は、嵐の二宮和也とのダブル主演が話題になったものの、大ヒットと呼べるものではなかった。それだけに、彼としては、プロモーションも“やれることはすべてやる”という背水の陣で臨んだのでしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

 勝てば官軍になりがちな芸能界。山Pとキムタクがしぶといのは、一流の証しといえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る