娘コウキをゴリ押し批判も…工藤静香“失敗しない女”の底力

公開日:

 今年5月にモデルデビューした木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女・Koki,(コウキ・15)。最近、メディアの露出が減ってきたが、原因のひとつに挙げられているのが母・静香の影だ。

 先月、コウキは「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の授賞式に出席。「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。映画出演の経験がないコウキが映画賞を受賞したことにネット上で疑問の声が噴出し、娘のマネジメントに携わっている静香の“ゴリ押し”を疑うような記事もあった。このままだと、静香が頑張れば頑張るほどコウキが厳しい視線にさらされることになり、マネジメントがうまくいかないだろうとみる向きもある。

 しかし、これまでの静香のタレント人生を振り返る限り、「失敗」の2文字はない。世間から激しい批判を浴びながらも着実に実績を積み重ね、公私ともに成功を手中に収めてきた。そこには大胆かつ高度な“炎上商法”が見え隠れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る