娘コウキをゴリ押し批判も…工藤静香“失敗しない女”の底力

公開日: 更新日:

 今年5月にモデルデビューした木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女・Koki,(コウキ・15)。最近、メディアの露出が減ってきたが、原因のひとつに挙げられているのが母・静香の影だ。

 先月、コウキは「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の授賞式に出席。「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。映画出演の経験がないコウキが映画賞を受賞したことにネット上で疑問の声が噴出し、娘のマネジメントに携わっている静香の“ゴリ押し”を疑うような記事もあった。このままだと、静香が頑張れば頑張るほどコウキが厳しい視線にさらされることになり、マネジメントがうまくいかないだろうとみる向きもある。

 しかし、これまでの静香のタレント人生を振り返る限り、「失敗」の2文字はない。世間から激しい批判を浴びながらも着実に実績を積み重ね、公私ともに成功を手中に収めてきた。そこには大胆かつ高度な“炎上商法”が見え隠れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  8. 8

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る