榮倉奈々も関心 占い業界で話題「風の時代」これから何が

公開日: 更新日:

 今、占い業界でホットな「風の時代」というワードを聞いたことがあるだろうか。昨年12月22日の冬至に木星と土星の位置が重なる(※1)、およそ200年ぶりの大きな転換点(グレートコンジャンクション)が訪れたという。

 これまでの「土の時代」から「風の時代」へのパラダイムチェンジ、つまり、お金、仕事、家族、恋愛など、これまでの常識や価値観、社会システムがこの日を境に根底から変わっていくことのようだ。

 経済ニュースサイト「NEWSPICKS」でも、「【新】時流を読むキーワード「風の時代」とは何か?」という記事を掲載。昨年11月に出版されたyuji氏の書籍『「風の時代」に自分を最適化する方法』(講談社)は6万部を突破し、話題になっているという。

 新型コロナウィルスに世界が翻弄されている。人の移動や会合などが制限され、緊急事態宣言中はホワイトカラーのリモートワークが常態化。外食や旅行、エンタメなどの業界はことごとくダメージを受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る