西野は年商8億円 芸能人「オンラインサロン」錬金術の実態

公開日: 更新日:

 キングコングの西野亮廣(40)が30日に吉本興業を退社した際、話題になったのが「オンラインサロン」の存在。会費だけで年間8億円の収入が見込めるだけでなく、「西野の個展設営を手伝う権利」や映画「えんとつ町のプペル」の台本とチケットを売りつけるといった集金活動がオンラインサロンを中心に展開されているというのだ。

■会員が何をしたいかわからない“意識高い系”

「最近はYouTubeからオンラインサロンに誘導するのがマネタイズの定番。イベントなどで面倒な人手も賄えます」(IT関係者)という。オリエンタルラジオ中田敦彦(38)がYouTubeで「吉本興業卒業会見」という番組を制作した際、記者役などエキストラをつとめたのも中田のオンラインサロン会員だった。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「ネットワークビジネスや教祖と信者の関係と非常に似ている」としてこう言う。

「ファンクラブ+情報が得られることがオンラインサロンのメリット。発信者は常に“価値ある情報”や“優越感”を提供し続けなければならないハードさはありますが、一度、人集めに成功すれば上昇スパイラルを描きます。会員は、何かしたいけど何をしたいかわからない“意識高い系”ファンなので、ボランティアも自ら志願し、搾取されていることに気づかない。運営側からすれば、コストをかけずに丸儲けできるシステムともいえます。ネット上で交流ができたり、一見、対等に見えますが、有名人は自分で学習してマネタイズしている人、サロン会員はただ払うだけの人。“教祖と信者の関係”と変わりません」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う