西野は年商8億円 芸能人「オンラインサロン」錬金術の実態

公開日: 更新日:

 キングコングの西野亮廣(40)が30日に吉本興業を退社した際、話題になったのが「オンラインサロン」の存在。会費だけで年間8億円の収入が見込めるだけでなく、「西野の個展設営を手伝う権利」や映画「えんとつ町のプペル」の台本とチケットを売りつけるといった集金活動がオンラインサロンを中心に展開されているというのだ。

■会員が何をしたいかわからない“意識高い系”

「最近はYouTubeからオンラインサロンに誘導するのがマネタイズの定番。イベントなどで面倒な人手も賄えます」(IT関係者)という。オリエンタルラジオ中田敦彦(38)がYouTubeで「吉本興業卒業会見」という番組を制作した際、記者役などエキストラをつとめたのも中田のオンラインサロン会員だった。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は「ネットワークビジネスや教祖と信者の関係と非常に似ている」としてこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る