日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お笑い芸人キンタロー。が惚れ込む老舗定食屋野方食堂の絶品空揚げ

 ダンサー出身のお笑い芸人、キンタロー。(33)が通うのは中野区野方にある定食屋「野方食堂」。場所は西武新宿線野方駅から歩いてすぐの下町風情ただよう商店街の一角。昭和11年の創業以来、家庭的で素朴な味が楽しめる食事処として地元で親しまれてきた老舗だ。

 世代を超えてひいきにされる理由は初代店主から受け継がれてきた昔ながらの味にある。「特別ではないけれど、毎日食べても飽きのこない味を心掛けている」と話すのは3代目店長の齊藤公和さんだ。

「ウチはあくまで町の食堂ですから、一流のレストランのような華やかさはありません。でも、食べてみて“普通だね”といわれるのは、むしろ褒め言葉。インパクトはないけれど、どこか親しみがあって、毎日でも食べられる。そんな素朴で優しい味を祖父の代から受け継いできたんです」

 メニューは定食だけで約30種類と充実。中でも人気なのが大きな空揚げ2個と豚肉生姜焼きがセットになった「A定食」(920円)だ。豚肉生姜焼きは脂身の少ない肩ロースを使用し、素材のうま味、そして肉そのものの心地よい食感が楽しめると好評。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事