西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

メジナは素早い下処理で“磯臭さ”を“香り”に昇華できる

公開日: 更新日:

 メジナ科にあって和名のメジナは、属に「クチブト」「クロメジナ」「オナガ」と呼ばれる。関西では「グレ」と称し、釣り人だけでなく、高級料理屋でも人気だ。

 東京ではなぜか、メジナを好む人が少ない。魚屋で姿を見ることは、まずないだろう。磯臭いとして嫌われるのだ。磯の香りではなく「臭い」とは、不快感にほかならない。

 表層を泳ぐ魚に対し、磯魚は岩肌の有機物をも捕食する。同じ環境にいるタカノハダイやニザダイ、アイゴなども同じ。勝手な想像だが、消化するまでに時間を要するから、腸が長くなったものと思われる。魚を放置したままでいたり、料理の際に腹ワタを傷つけたりすると、ニオイは身につく。沖磯を好むクロメジナより、沿岸に群れるメジナのことだ。

 下処理を素早くやるとどんな魚もニオイは気にならず、「臭い」なんて言わせない。それでも漂う香りは、魚の個性であって、持ち味なのだ。魚食の楽しみは、そこにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る