嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

あの「あら輝」が帰ってくるらしい…気になる今後の展開は

公開日: 更新日:

 あら輝さんが帰ってくるらしい。世田谷区上野毛で2000年に暖簾を掲げ、10年に銀座に進出。2年連続でミシュランの3つ星を獲得するも、さらに自分を成長させるため、14年にロンドンへ渡る。そして欧米で初めて和食で3つ星獲得の快挙を達成! 19年にロンドンは弟子に譲って、今度は香港であら輝を立ち上げた。そして近々日本に帰ってくるという話だ。

 本人不在なのに今後の展開についてさまざまな情報が飛び交うのが面白い。「ニューヨークに行くらしいよ」「いやいや京都で物件を探しているらしい」「六本木って聞いたよ」「日本橋で決定だって」――。多くの人がその動きを気にしている不思議で魅力的な男が荒木水都弘さんだ。

 初めて上野毛の店を訪れたのは06年だった。当時僕の住まいから至近で、街灯が薄暗くあたりを照らす場所にひっそりとたたずんでいた。そんな不便なところに多くの方々がわざわざやって来ると聞いて、まずは行ってみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る