【浅草編】初音小路飲食街をひとり気ままにハシゴ酒

公開日: 更新日:

 浅草で取材が終わった。一杯やりたくなって浅草寺裏のホッピー通りに足を向けるが、馴染みの店のオヤジが「ごめん、煮込み終わっちゃった」と手でバツマーク。ここの国産和牛を使った絶品煮込みが食べられなければ来た意味がない。失意の中、そのまま言問通り方面に向かった先の「初音小路飲食街」へ。

 ウインズ浅草にほど近いこちらの飲食店街は、競馬開催日ともなると昼から大いに賑わうが、平日の夜は閑古鳥も鳴かないほどシ~ン。名物の藤棚もまるで廃虚に生い茂る雑木林。店は3分の1近く閉まっていて、歩く人も見当たらない。

 とりあえず、雷門側の入り口に近い場所にある「H」という居酒屋にIN。まさに浅草“三婆”カーニバル……。失礼、3人の女性がちゃきちゃきと働く浅草らしい店。明治時代の茶屋がルーツで、女将は80歳すぎの津田塾出の才女。英語もペラペラらしいが、「めんどくさいから外国人客はお断り」と、キッパリ。こちらの煮込みは、フワなども入ったさっぱり味。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る