【浅草編】初音小路飲食街をひとり気ままにハシゴ酒

公開日:

 浅草で取材が終わった。一杯やりたくなって浅草寺裏のホッピー通りに足を向けるが、馴染みの店のオヤジが「ごめん、煮込み終わっちゃった」と手でバツマーク。ここの国産和牛を使った絶品煮込みが食べられなければ来た意味がない。失意の中、そのまま言問通り方面に向かった先の「初音小路飲食街」へ。

 ウインズ浅草にほど近いこちらの飲食店街は、競馬開催日ともなると昼から大いに賑わうが、平日の夜は閑古鳥も鳴かないほどシ~ン。名物の藤棚もまるで廃虚に生い茂る雑木林。店は3分の1近く閉まっていて、歩く人も見当たらない。

 とりあえず、雷門側の入り口に近い場所にある「H」という居酒屋にIN。まさに浅草“三婆”カーニバル……。失礼、3人の女性がちゃきちゃきと働く浅草らしい店。明治時代の茶屋がルーツで、女将は80歳すぎの津田塾出の才女。英語もペラペラらしいが、「めんどくさいから外国人客はお断り」と、キッパリ。こちらの煮込みは、フワなども入ったさっぱり味。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る