嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

なごや飯を語るなら「味仙」のうま辛コブクロは外せない!

公開日: 更新日:

 デビュー以来、何百回と名古屋の地を訪れてきたが、当初「なごや飯」という言葉はまだなかった。2001年に外食企業ゼットンの稲本氏が当時、東京ではやっていたイタメシに引っかけて広めたのだ。僕も名古屋の代表的な食を取り上げて手羽先、味噌煮込みうどん、櫃まぶし、小倉トースト、味噌カツ、寿がきやラーメン、あんかけスパ、コメダ珈琲のシロノワール、きしめんが登場する「なごや飯」を歌っている。

 今池にあるライブハウスのボトムラインのステージには70回以上立っていて、ステージ終了後は必ずオリジナル中国料理ピカイチで栄養補給をしていた。ドラゴンズファンの聖地として有名だが、料理も素晴らしいアットホームな店だ。

 イカのトンビピリ辛炒めや揚げたゴボウと細切り肉の炒めでビールをグビグビ。ピカイチ風冷しゃぶや大根と白肉のトロットロ煮込みにはショウガの千切りを入れた紹興酒が合う。シメの辛さが選べるピカイチラーメンで英気を養った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る