• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食通の中尾彬も30年来の常連 東大正門前の昭和レトロな「喫茶ルオー」

 マフラーを胸元でぐるぐる巻きにした“ねじねじマフラー”がトレードマークの中尾彬(72)はいわずと知れた食通。グルメ番組の常連でもあるが、もう30年以上も懇意にしている店がある。

「喫茶ルオー」は文京区本郷の東大正門前に店を構える、昔ながらの喫茶店。昭和27年創業の老舗で、当時から東大生や教授らの御用達。昭和の風情を今に残すレトロな店内には、日常の目まぐるしさとは無縁のゆったりとした時間が流れ、そのくつろいだ雰囲気に魅せられて通う、長年のファンは少なくない。

 ドリンクメニューは充実しているが、フードメニューとなると、わずか1種類のみ。その唯一の料理が中尾をはじめ、常連に長い間、支持されている名物の「セイロン風カレーライス(セミコーヒー付き)」(980円)だ。

 人気の理由は、昔と変わらない、独特な優しい味わいにある。「初代からレシピを引き継ぎ、今も当時のままの調理法で味を守り続けている」とは店のオーナー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る