食通の中尾彬も30年来の常連 東大正門前の昭和レトロな「喫茶ルオー」

公開日:  更新日:

 マフラーを胸元でぐるぐる巻きにした“ねじねじマフラー”がトレードマークの中尾彬(72)はいわずと知れた食通。グルメ番組の常連でもあるが、もう30年以上も懇意にしている店がある。

「喫茶ルオー」は文京区本郷の東大正門前に店を構える、昔ながらの喫茶店。昭和27年創業の老舗で、当時から東大生や教授らの御用達。昭和の風情を今に残すレトロな店内には、日常の目まぐるしさとは無縁のゆったりとした時間が流れ、そのくつろいだ雰囲気に魅せられて通う、長年のファンは少なくない。

 ドリンクメニューは充実しているが、フードメニューとなると、わずか1種類のみ。その唯一の料理が中尾をはじめ、常連に長い間、支持されている名物の「セイロン風カレーライス(セミコーヒー付き)」(980円)だ。

 人気の理由は、昔と変わらない、独特な優しい味わいにある。「初代からレシピを引き継ぎ、今も当時のままの調理法で味を守り続けている」とは店のオーナー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る