種類も味も角界No.1の評判 高田川部屋の絶品ちゃんこ公開

公開日: 更新日:

 まわしの上にバスタオルを巻いた姿で、魚をさばき、野菜を刻む。上半身裸のまま調理場に立つ高田川部屋のちゃんこ長・櫻正行さん(32=序二段)は、「油がはねるとメチャ熱いです」と話す。そりゃそうだ。

 揚げ物に使う油を一斗缶から鉄鍋にドボドボと注いだかと思えば酒蒸しには清酒の一升瓶を3本使用する――とにかくやることなすこと豪快だ。

 高田川部屋では6時起きで、すぐに稽古がスタートする。3、4時間汗を流し、その日1食目のちゃんこにありつけるのは11時ごろ。ちゃんこ番はそれまでに30~40人分の食事を用意しなければならない。

 高田川部屋のちゃんこは種類が豊富で、味も角界ナンバーワンともっぱらだ。「できるだけうまいものを食べさせ、生活環境を整え、厳しい稽古をしたい」とは高田川親方(51=元関脇安芸乃島)。特に食は大切にしているそうで、「築地には自分も一緒に買い出しに行くし、(ちゃんこの)材料はそろえようと。実家が漁師なので、海鮮類は送ってもらうこともある」という。そんな高田川部屋の台所を任せられているのが櫻さんだ。小学生のころから魚をさばいていた筋金入りの料理好き。もともと先代高田川親方(元大関前の山)の弟子が経営していたちゃんこ店でアルバイトをしていたところ、体が大きいことを見込まれて入門した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る