東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

公開日: 更新日:

 理不尽な客の要求やクレームに対応する従業員の心が折れて……社会問題となっている「カスタマーハラスメント」防止条例を東京都が制定する方針と20日に発表され、話題に。中身についてはこれから詰めるが、全国初となる“カスハラ防止条例”は年度内の提出を目指すという。

「人手不足解消のために〈東京都は条例もあって働きやすい街ですよ〉とアピールしようという意図も透けて見える気もしますが」と、生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏はこう言う。

「もちろん、条例を制定して周知を図ることで抑止力にはなるとは思います。ただ、罰則を設けないということなので、エゴむき出しで周りが見えないカスハラの加害者に効き目があるのか、という疑問は残ります」

 しゅふJOB総研のカスハラに関する調査(昨年10月発表)によると、カスハラの被害者になったことが「ある」と回答したのは51.6%。

 カスハラと感じる行為(複数回答)のトップは〈大声で怒鳴られたり罵倒される〉の74.7%。〈長時間しつこく問いただされる〉〈暴言をはかれる〉などが続く。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?