伊勢内宮前「おかげ横丁」が取り組む愛煙家への配慮とは

公開日:  更新日:

 サミット開催地を訪れる人々へのおもてなしとして発信された三重県知事の「受動喫煙ゼロ宣言」。喫煙環境整備をめぐる問題は、観光地だけでなく国内共通の課題である。公共施設や飲食店、宿泊施設でのステッカー表示にとどまらず、公共の喫煙所整備に取り組む自治体も増えている。

 そうしたなか、伊勢神宮・内宮の参道にある伊勢市の「おかげ横丁」(54店舗)が3月21日に横丁内に2カ所の喫煙所を設置して話題になった。「おかげ横丁」は約4000坪の敷地内に江戸から明治期にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築再現された一角で、飲食店、土産物店などがひしめき、常に観光客で賑わっている。

 横丁は、今回、飲食店を原則全席禁煙に指定する一方で、屋外に2カ所の喫煙所を設置した(従来から喫煙席が設けられていたカフェ1軒はそのまま)。喫煙所は周囲の景観と調和するよう、杉の木を使った格子風の造りで、一度に5~8人が入れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る