サミットまで1カ月 伊勢志摩はどう盛り上がっているのか

公開日:  更新日:

 5月26、27日開催の伊勢志摩サミット開催まで1カ月となった。昨年の開催決定以来、三重県をはじめ開催地(志摩市)と周辺自治体は受け入れ態勢を整えるとともに観光客誘致など開催に向けた取り組みを強化してきた。その伊勢志摩はいま、どんな状況になっているのか。先週末の土曜日、現地を訪ねてみた。

 サミットの舞台となる志摩市の賢島。真珠の養殖で知られる英虞湾に浮かぶ人口約130人の小島である。G7首脳が会議を行うホテル「志摩観光ホテル」は66億円をかけた改修工事を終えたばかり。山崎豊子の名作「華麗なる一族」の舞台にもなった老舗ホテルは新たな装いで各国首脳を受け入れる。

 ホテルや駅周辺は観光客よりも警備の警官の姿のほうが目につく。警備車両が何度も行き交い、三重県警だけでなく各地から派遣された警官が線路沿いから海上まで入念にパトロールしている。駅前のバス停には「テロ対策 特別警戒中」の立て看板。「来週からは警備がさらに増強されると聞いています。観光気分がそがれなければいいのですが」と地元の観光業者は心配顔だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る