サミットまで1カ月 伊勢志摩はどう盛り上がっているのか

公開日: 更新日:

 5月26、27日開催の伊勢志摩サミット開催まで1カ月となった。昨年の開催決定以来、三重県をはじめ開催地(志摩市)と周辺自治体は受け入れ態勢を整えるとともに観光客誘致など開催に向けた取り組みを強化してきた。その伊勢志摩はいま、どんな状況になっているのか。先週末の土曜日、現地を訪ねてみた。

 サミットの舞台となる志摩市の賢島。真珠の養殖で知られる英虞湾に浮かぶ人口約130人の小島である。G7首脳が会議を行うホテル「志摩観光ホテル」は66億円をかけた改修工事を終えたばかり。山崎豊子の名作「華麗なる一族」の舞台にもなった老舗ホテルは新たな装いで各国首脳を受け入れる。

 ホテルや駅周辺は観光客よりも警備の警官の姿のほうが目につく。警備車両が何度も行き交い、三重県警だけでなく各地から派遣された警官が線路沿いから海上まで入念にパトロールしている。駅前のバス停には「テロ対策 特別警戒中」の立て看板。「来週からは警備がさらに増強されると聞いています。観光気分がそがれなければいいのですが」と地元の観光業者は心配顔だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る